【海のはじまり】鳩サブレ―が買えるお店は?海と水希の好きなお菓子!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

2024年7月スタートの月9ドラマ、『海のはじまり』の第2話が放映されました。

第2話で、海(泉谷星奈)が、「夏くんと一緒に食べたい」と言っていたお菓子、まさかの夏くん(目黒蓮)が手土産で南雲家に持参していましたね。

そして、大学時代の夏(目黒蓮)と水希(古川琴音)の思い出のお菓子のシーンは感動的でした。

この記事では、『海のはじまり』の第2話で登場したお菓子「鳩サブレ―」が買えるお店や特徴などをご紹介します。

created by Rinker
¥4,860 (2024/07/12 00:43:28時点 楽天市場調べ-詳細)

\鎌倉といえば「クルミっ子」もとても人気です/

スポンサーリンク

水希が好きなお菓子は?

大学時代水希(古川琴音)が講義を受けている際に、夏(目黒蓮)の隣で大きな口を開けて、美味しそうなお菓子をパクリ。

夏(目黒蓮)も3枚のうち1枚選び、「当たり」と言われて2人で美味しそうに食べていました。

このお菓子は、神奈川県鎌倉市の銘菓、『鳩サブレ―』です。

 

\楽天市場をはじめオンラインで購入可能です/

created by Rinker
¥4,860 (2024/07/12 22:31:39時点 楽天市場調べ-詳細)

とても有名なお菓子で、鎌倉、江の島界隈や、都内のデパートであれば購入可能です。

主な購入可能な店舗もご紹介します。

店舗名 住所 電話番号 営業時間
鎌倉本店 神奈川県鎌倉市小町2-9-22 0467-25-0810 9:00-19:00
小町通り店 神奈川県鎌倉市小町2-8-5 0467-25-5240 10:00-18:00
大船ルミネウィング店 神奈川県鎌倉市大船1-4-1 ルミネウィング2F 0467-48-5105 10:00-20:30
藤沢ルミネ店 神奈川県藤沢市藤沢438-1 ルミネ藤沢1F 0466-24-3310 10:00-20:00
逗子駅前店 神奈川県逗子市逗子1-2-7 046-871-2173 10:00-18:00
茅ヶ崎ラスカ店 神奈川県茅ヶ崎市元町1-1 ラスカ茅ヶ崎1F 0467-86-7312 10:00-20:00
平塚ラスカ店 神奈川県平塚市宝町1-1 ラスカ平塚1F 0463-23-6823 10:00-20:30
横浜高島屋店 神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 高島屋横浜店 B1 045-311-5111 10:00-20:00
新宿伊勢丹店 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 B1 03-3352-1111 10:00-20:00
日本橋高島屋店 東京都中央区日本橋2-4-1 高島屋日本橋店 B1 03-3211-4111 10:00-20:00

 

鳩サブレ―は、一枚がとても大きくて食べ応えがあります。

頭から食べるか、しっぽから食べるかいつも悩みどころです。

 

鳩サブレ―の特徴は?

『海のはじまり』の第2話で登場した、鳩サブレ―。水希(古川琴音)と夏(目黒蓮)、海(泉谷星奈)をつなぐお菓子でしたね。

この鎌倉の銘菓「鳩サブレー」は、日本全国に知られる名物のお菓子で、、鎌倉を訪れる多くの観光客に昔から愛されています。

その魅力と美味しさについて、詳しくご紹介します。

\鎌倉市のふるさと納税の返礼品にもありますよ/

歴史と誕生の背景

鳩サブレーは、鎌倉にある「豊島屋」という老舗和菓子店が生み出したお菓子です。

  • 豊島屋本店
  • 所在地:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目11−19
  • TEL:0120-83-2810

創業は1894年(明治27年)で、鎌倉の地に深い歴史を持ちます。鳩サブレーの誕生は明治時代後期にさかのぼって、初代店主の久保田米三郎が西洋のクッキーにヒントを得て、日本人の口に合うようにアレンジを加えて作り上げました。

その際、鎌倉の象徴である「鳩」をモチーフにしたデザインを採用したことが、鳩サブレーの象徴的な形を生み出しました。

特徴と美味しさの秘密

鳩サブレーの最大の特徴は、その可愛らしい鳩の形です。

この形は、鎌倉の鶴岡八幡宮に象徴される平和の象徴としての鳩をイメージしていて、見るだけで鎌倉の歴史や風景が思い浮かびます。

YU3

また、その大きさもかなり大きくて、食べようと思って手に持ったときのフィット感が何とも言えません。

味わいについては、まず一口食べると、そのさっくりとした食感、そして素朴な味わいにほっとします。

これは、豊島屋が独自にブレンドした小麦粉とバターをふんだんに使用しているからこそ実現できるものです。

バターの香りが口いっぱいに広がり、甘さ控えめでありながらも、どこか懐かしい味わいが特徴です。この絶妙なバランスが、鳩サブレーの美味しさを引き立てています。

さらに、鳩サブレーには保存料や人工着色料が一切使用されていないため、素材そのものの味を楽しむことができます。

これは、創業当初から続く豊島屋のこだわりであり、常に品質を第一に考える姿勢が現れています。

鳩サブレーの楽しみ方

鳩サブレーは、そのまま食べてももちろん美味しいですが、さまざまな楽しみ方があります。

個人的には、牛乳と一緒に食べるのが好きです。

もちろん、紅茶やコーヒーと一緒にいただくと、ステキなティータイムを過ごせませすよね。

また、鳩サブレーは季節ごとにパッケージデザインが変わることでも知られていて、コレクター心をくすぐります。

季節限定のパッケージや、特別なイベント時には特別デザインのものが登場することもあり、訪れるたびに新しい発見があります。

鎌倉観光と鳩サブレー

鎌倉を訪れた際には、ぜひ豊島屋に立ち寄り、鳩サブレーをお土産にしてくださいね。鎌倉の風情を感じながら、その場で味わうのもいいですね。

 

水希(古川琴音)のように、誰かからお土産でもらって食べるのではなく、好きだから自分で買って食べる、というのもいいですよね

お土産としても大変喜ばれる鳩サブレーは、鎌倉の思い出とともに、家族や友人とシェアするのもおすすめです。

まとめ

『海のはじまり』の第2話で、『海のはじまり』の第2話で登場した、鳩サブレ―。

水希(古川琴音)と夏(目黒蓮)、海(泉谷星奈)をつなぐお菓子として、大事な役割を果たしていましたね。

夏(目黒蓮)が持ってきたレトロな黄色の缶に入っていた鳩サブレ―。

ぜひ夏くんと海ちゃん、水希を思っていただきたいですね。

created by Rinker
¥4,860 (2024/07/12 01:52:45時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました