【おっさんずラブ】病院のロケ地撮影場所はどこ?警察病院の撮影場所もご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

『おっさんずラブ-リターンズ-』第7話では春田(田中圭)の幼馴染みでシングルマザーのちず (内田理央)が入院したり、春田(田中圭)の元上司である黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)が検査に行ったりするシーンがありましたね。そして最後は菊様(三浦翔平)が負傷して警察病院に入院するという、入院の回でした。

この記事では、

  • ちず (内田理央)が入院して、黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)が検査に行った病院のロケ地どこか?
  • 菊之助 (三浦翔平)が搬送された警察病院はどこか?

についてご紹介します。

  • 牧のしているエプロンが買えるお店についてはこちらから→リンク
  • 初詣の神社のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 結婚式のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 弓道場のロケ地についてはこちらから→リンク
  • わたあめキッスの時のわたあめメーカーについてはこちらから→リンク
  • はるたんと牧がお買い物デートしたデパートの屋上のロケ地についてはこちらから→リンク
  • タイ料理のイケメン店員2人についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行の温泉旅館についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行で陶芸をしたロケ地についてはこちらから→リンク
  • バレンタインウエディングで着ていたタキシードについてはこちらから→リンク
  • ちずの息子役、佐藤大空くんについてはこちらから→リンク
  • 蝶子さんおススメの病院のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 「白い味噌汁」のレシピについてはこちらから→リンク
  • 黒澤部長のエンディングノートの内容についてはこちらから→リンク
  • 最終回の古民家カフェについてはこちらから→リンク
スポンサーリンク

ちずが入院して、黒澤部長が検査に行った病院のロケ地はどこ?

『おっさんずラブ-リターンズ-』第7話で、ちず (内田理央)が過労のため入院して、黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)が吐血したため検査に行った病院のロケ地についてご紹介します。

  • 旧東鷲宮病院
  • 住所:埼玉県久喜市桜田3丁目9-3

旧東鷲宮病院の特徴は?

旧東鷲宮病院は、埼玉県久喜市にある3年前まで実際にあった病院です。現在は病院の貸しスタジオとして使われています。

旧東鷲宮病院の特徴は、そのまま残された病院の設備や備品です。病室や廊下、手術室やレントゲン室など、病院らしい空間がそのまま残っています。また、ベッドや点滴台、薬箱やカルテなど、病院で使われていたものも多く見られます。これらのものは、ロケの際に小道具として使われています。

旧東鷲宮病院は、ドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』だけでなく、他のドラマや映画にも多く登場しています。

ドラマでは病院のシーンがよくありますよね。そんなときは旧東鷲宮病院がロケ地として使われるようですね。

  • 『君が心をくれたから』
  • 『だが、情熱はある』
  • 『あなたがしてくれなくても』
  • 『silent』

旧東鷲宮病院のアクセスは?

ドラマのロケ地撮影場所としてよく利用される旧東鷲宮病院は、都心から約1時間ほどで到着できるので、撮影場所としてよく利用されますね。

アクセスは東武伊勢崎線の東鷲宮駅から徒歩約8分です。駅から出発し、桜田通りを西に進み、桜田3丁目の交差点を左折して、桜田公園の手前を右折すると、目的地に到達します。周辺には、さくら薬局やのん美容室などのお店が点在しています。

また、久喜駅から車でアクセスする場合は約10分の距離です。久喜駅から国道4号線を北に進み、久喜インターを右折して、久喜東鷲宮バイパスに入ります。その後、東鷲宮インターを出て、桜田通りを西に進み、桜田3丁目の交差点を左折して、桜田公園の手前を右折すれば、目的地に到達します。

菊様が負傷して入院した警察病院のロケ地はどこ?

菊様(三浦翔平)が負傷して入院して、病院の屋上で和泉(井浦新)にキスをした病院であり、蝶子(大塚寧々)が付き添って黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)のセカンドオピニオンとして行った病院のロケ地についてご紹介します。

  • 名戸ヶ谷病院
  • 住所:千葉県柏市新柏2丁目1−1

名戸ヶ谷病院の特徴は?

名戸ヶ谷病院は、千葉県柏市にある総合病院です。現在は内科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、泌尿器科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科など多岐にわたる診療科目を備え、救急医療やリハビリテーション、在宅医療などにも力を注いでいます。

ドラマ『おっさんずラブ-リターンズ-』では、第7話で菊様(三浦翔平)が負傷して、東京第三警察病院の病院に搬送されましたが、そのロケ地が名戸ヶ谷病院でした。

特に印象的だったのは、屋上での和泉へ点滴をしながらのキスと告白のシーンでしたね。

名戸ヶ谷病院の建物は、白と青を基調としたモダンなデザインで、ガラス張りの外観がステキな病院です。広々としたロビーや待合室、清潔感ある病室や診察室が配置されいて、しかも最新の医療機器が整備されています。MRIやCT、超音波検査などの最新検査機器や、人工心肺装置、手術用顕微鏡などが備わり、スタッフは患者の安全と快適な環境を確保するために尽力している病院です。

名戸ヶ谷病院のアクセスは?

菊様(三浦翔平)が負傷して搬送された病院であり、蝶子(大塚寧々)が付き添って黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)のセカンドオピニオンとして行った病院のロケ地である、千葉県の名戸ヶ谷病院へのアクセスです。

電車とバスでのアクセス方法は、東武アーバンパークライン(東武野田線)「新柏駅」で下車し、徒歩約7分。または、東武バス「柏駅東口5番乗り場」から[柏33]または[新柏01]新柏駅行きに乗車し、「新柏住宅」で下車し、徒歩約2分です。

まとめ

『おっさんずラブ-リターンズ-』第7話では病院のシーンが多かったですね。この病院のロケ地撮影場所についてご紹介しました。千葉県の名戸ヶ谷病院は実際にある病院です。とてもきれいな病院でしたね。蝶子(大塚寧々)おススメの病院としてもご紹介されていましたね。

第8話は黒澤武蔵 (吉田鋼太郎)の今後がとても心配な展開ですよね。また病院のシーンがあるかもしれないですね。

created by Rinker
¥12,602 (2024/07/12 19:30:50時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 牧のしているエプロンが買えるお店についてはこちらから→リンク
  • 初詣の神社のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 結婚式のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 弓道場のロケ地についてはこちらから→リンク
  • わたあめキッスの時のわたあめメーカーについてはこちらから→リンク
  • はるたんと牧がお買い物デートしたデパートの屋上のロケ地についてはこちらから→リンク
  • タイ料理のイケメン店員2人についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行の温泉旅館についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行で陶芸をしたロケ地についてはこちらから→リンク
  • バレンタインウエディングで着ていたタキシードについてはこちらから→リンク
  • ちずの息子役、佐藤大空くんについてはこちらから→リンク
  • 蝶子さんおススメの病院のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 「白い味噌汁」のレシピについてはこちらから→リンク
  • 黒澤部長のエンディングノートの内容についてはこちらから→リンク
  • 最終回の古民家カフェについてはこちらから→リンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました