【おっさんずラブ】陶芸のロケ地撮影場所はどこ?ほけきょ庵のアクセス等をご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

ドラマ「おっさんずラブ リターンズ」の第5話で、春田(田中圭)と牧(林遣都)が熱海へ新婚旅行に行きました。その際に、陶芸体験をして、バックハグした場所が気になりませんでしたか?

そのロケ地は伊豆高原にあるほけきょ庵という陶芸工房なのです。この記事では、

  • 「ほけきょ庵」の魅力
  • 「ほけきょ庵」のアクセス方法
  • 「ほけきょ庵」の聖地巡礼

などを詳しくご紹介します。

ドラマのシーンを思い出しながら、「ほけきょ庵」の雰囲気やサービスご紹介します。また、ドラマのファンであれば、「ほけきょ庵」で自分も陶芸体験をしてみたくなるかもしれません。ぜひ、この記事を参考にしてくださいね。

  • 牧のしているエプロンが買えるお店についてはこちらから→リンク
  • 初詣の神社のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 結婚式のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 弓道場のロケ地についてはこちらから→リンク
  • わたあめキッスの時のわたあめメーカーについてはこちらから→リンク
  • はるたんと牧がお買い物デートしたデパートの屋上のロケ地についてはこちらから→リンク
  • タイ料理のイケメン店員2人についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行の温泉旅館についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行で陶芸をしたロケ地についてはこちらから→リンク
  • バレンタインウエディングで着ていたタキシードについてはこちらから→リンク
  • ちずの息子役、佐藤大空くんについてはこちらから→リンク
  • 蝶子さんおススメの病院のロケ地についてはこちらから→リンク
スポンサーリンク

ほけきょ庵とは?

ドラマ「おっさんずラブ リターンズ」の第5話で、春田(田中圭)と牧(林遣都)が熱海へ新婚旅行に行った際に、バックハグした陶芸体験をした工房についてご紹介します。

image003122.jpg

※画像は公式サイトより引用

ほけきょ庵へのアクセスは?

ドラマ「おっさんずラブ リターンズ」の第5話で、春田(田中圭)と牧(林遣都)が熱海へ新婚旅行に行った際に、バックハグした陶芸体験をした工房ほけきょ庵へのアクセスです。

電車で行く場合

  • JR東海道本線・伊東線・伊豆急行線直通の特急踊り子号をご利用いただき、約2時間10分で伊豆高原駅にアクセスできます。
  • 伊豆高原駅からは、シャボテン公園行きの路線バスに乗車し、約25分でシャボテン公園バス停に到着します。そこから徒歩約10分の距離に「ほけきょ庵」があります。

電車で行く理由

  • 特急踊り子号は全車両が上質なグリーン車指定席で、快適な旅が楽しめます。
  • 路線バスを利用することで、伊豆高原の自然や景色を存分に楽しみながら移動できます。
  • 徒歩でほけきょ庵に向かう際には、伊豆高原のシンボルである「大室山」の雄大な姿を見ることができます。

車で行く場合

  • 東京方面からは新東名高速道路の伊勢原大山ICより約1時間30分でアクセス可能です。
  • 名古屋方面からは東名高速道路の秦野中井ICより約1時間40分で「ほけきょ庵」に到着できます。
  • ほけきょ庵には無料でご利用いただける駐車場が10台分用意されており、事前予約は不要です。

車で行く理由

  • 新東名高速道路や東名高速道路を利用することで、渋滞を避けてスムーズに走行できます。
  • お車なら、伊豆高原の他の観光スポットや温泉地にも自由にアクセス可能です。
  • 駐車場が無料で提供されているため、駐車料金の心配がありません。

送迎のご案内

「ほけきょ庵」は送迎サービスは行っておりません。

送迎サービスをしていな理由

  • ほけきょ庵では、伊豆高原の自然を活かした陶芸体験が主要なアクティビティとなっており、送迎サービスを行うことで制作や作業に支障が出る可能性があります。
  • 送迎サービスを行わないことで、お客様にリーズナブルな料金で陶芸体験を提供できます。

ほけきょ庵へのアクセス方法とその理由に関する詳細をご紹介しました。是非、伊豆高原の自然環境に囲まれた「ほけきょ庵」で、陶芸体験したいですね。

ほけきょ庵の魅力について

ほけきょ庵の魅力やプランについて、ご紹介します。

「ほけきょ庵」は、伊豆高原の森の中に佇む小さな陶芸工房です。この工房では、自然の風合いを重視した陶芸が体験できる特別な場所です。土の調合から釉薬の開発、焼き方まで、全てを工房独自で手がけ、ここでしか生まれない独自の味わい深い作品が多くのリピーターに愛されています。また、居心地の良い空間はスタッフによる手作りで、白いテラスと木々の緑が調和し、土に触れながらゆったりと楽しむことができます。

「ほけきょ庵」の魅力について

  •  伊豆の景色を写した焼き物「伊豆焼き」
  •  ほけきょ庵では、経済産業省の「経営革新」で認められた伊豆の美しい景色を写した焼き物「伊豆焼き」を焼いています。下田の白浜海岸、河津桜と菜の花、恋人岬の夕日、伊豆高原の大室山など、伊豆の魅力が詰まった作品が展示されています。これらの作品は、店頭での販売だけでなく、オンラインショップでも手に入れることができます。
  • 伊豆焼きの魅力は、伊豆の自然や文化を感じながらお茶やお酒を楽しむことができる点です。伊豆の風景を眺めながら、伊豆旅行の思い出を呼び覚ますことができます。また、伊豆焼きは使い込むほどに味わいが増し、色や質感が変化して、使い手に合わせた個性的な一品となります。

•陶芸体験コース

  • ほけきょ庵では、陶芸体験コースを提供しています。電動ろくろや手びねりを使い、初心者でも簡単に自分好みの器を作ることができます。先生が丁寧に指導してくれるので、安心して体験できます。仕上がりの作品は10から333種類までの中から選ぶことができ、約90日から150日後には自宅に届けられます。
  • 陶芸体験コースの魅力は、自分だけのオリジナル作品を生み出せることです。感性やアイデアを形にすることで、陶芸の楽しさと奥深さを実感できます。仕上がりを楽しみに待ちながら、自分で作った作品で食卓やインテリアを彩ることができます。

ほけきょ庵の工房の雰囲気

  •  ほけきょ庵は、伊豆高原の森の中にある工房で、自然に溶け込むようにセルフビルドされた場所です。白いテラスと木々の緑が調和する、爽やかな空間が広がっています。工房内には陶芸作品やアンティークの家具が展示され、工房周辺にはワーゲンバスや黄色いフィアット500Fなどのレトロな車が置かれています。
  • 工房の雰囲気の魅力は、心地よい空間であることです。自然と一体化した工房では、陶芸に没頭することができます。工房内外にはスタッフのこだわりや個性が感じられ、見学だけでも楽しいひとときが過ごせます。

ほけきょ庵の魅力やプランに関する詳細をご紹介しました。「ほけきょ庵」は、伊豆高原の自然と調和した、こだわりの陶芸工房です。ドラマのシーンを再現したり、自分だけの作品を作ったり、はるたんと牧のように、楽しい時間を過ごすことができますね。

ほけきょ庵の聖地巡礼プランについて

ドラマ「おっさんずラブ リターンズ」の第5話で、春田(田中圭)と牧(林遣都)が熱海へ新婚旅行に行った際に、バックハグした陶芸体験をした工房、「ほけきょ庵」では、「おっさんずラブ」のロケ地の聖地巡礼プランをして用意してくれました。人気過ぎて一時受付は現在中止中です(※2024年2月3日現在)。

応募が再開したらすぐに応募したいですね。詳細はこちらから→ほけきょ庵の予約

おっさんずラブロケ地・聖地巡礼

※画像は公式サイトより引用

まとめ

ドラマ「おっさんずラブ リターンズ」の第5話で、春田(田中圭)と牧(林遣都)が熱海へ新婚旅行に行った際に、バックハグした陶芸体験の工房ほけきょ庵についてご紹介しました。ぜひ、陶芸体験してみたいですね。

  • 牧のしているエプロンが買えるお店についてはこちらから→リンク
  • 初詣の神社のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 結婚式のロケ地についてはこちらから→リンク
  • 弓道場のロケ地についてはこちらから→リンク
  • わたあめキッスの時のわたあめメーカーについてはこちらから→リンク
  • はるたんと牧がお買い物デートしたデパートの屋上のロケ地についてはこちらから→リンク
  • タイ料理のイケメン店員2人についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行の温泉旅館についてはこちらから→リンク
  • 新婚旅行で陶芸をしたロケ地についてはこちらから→リンク
  • バレンタインウエディングで着ていたタキシードについてはこちらから→リンク
  • ちずの息子役、佐藤大空くんについてはこちらから→リンク
  • 蝶子さんおススメの病院のロケ地についてはこちらから→リンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました