【光る君へ】猫の名前は何?役名の由来や猫の種類などをご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

NHK大河ドラマ『光る君へ』で倫子の愛猫として登場する「小麻呂」についてご紹介します。

『光る君へ』は、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を紡いだ女流作家・紫式部の波乱の生涯を描くオリジナル作品です。このドラマでは、紫式部と交流があり、後に藤原道長の妻となる源倫子(黒木華)が、可愛らしい猫を飼っています。この記事では、

  • 猫の名前はについて
  • 猫の役名がどんな由来で名付けられたのか?
  • どんあ種類の猫なのか?

についてご紹介します。倫子(黒木華)の愛猫のプロフィールなどをお伝えします。ドラマの癒やしの存在である猫の魅力について、ご紹介します。

created by Rinker
¥1,320 (2024/07/12 00:25:41時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

倫子の愛猫の名前やプロフィールは?

倫子(黒木華)の愛猫の役の名前は小麻呂」です。とても可愛い名前ですよね。

なお、「小麻呂」役の猫の名前は、タレント動物のプロダクションのグローバル・アニマルアクトに所属している「ニモくん」です。

  • 名前:二モ
  • 年齢:9歳(2024年2月現在)
  • 性別:オス

image

※画像は公式サイトより引用

「小麻呂」の名前の由来は?

倫子(黒木華)の愛猫の「小麻呂」の役名がどのようにしてつけられたのか気になりますよね。「こまろ」という響き、とても可愛らしいですよね。

この「小麻呂」と言う役名になった理由は、特にないそうですが、とても可愛い名前なので「小麻呂」にしたとのことです。

倫子の愛猫の「小麻呂」の種類は?

倫子(黒木華)の愛猫の「小麻呂」の猫の種類は、日本猫の「雑種」です。何と何のミックスは定かではありませんが、とてもかわいいですよね。

「ニモくん」が「小麻呂」役に選ばれた理由は?

タレント動物のプロダクションのグローバル・アニマルアクトに所属している「ニモくん」が「小麻呂」役に選ばれた理由についてご紹介します。

  • ニモくんの顔のかわいらしさ
  • ニモくんの人懐っこさ
  • ニモくんが必要以上に鳴かないところ
  • 「源氏物語」の当時の絵巻などに描かれている猫の模様を参考にした

源氏物語の時代の猫とは?

二モくんの毛色は黒です。平安時代は、中国から渡来した貴重な猫が「唐猫」と呼ばれ、貴族や皇族に愛されていました。その中でも黒い猫は珍しく、第59代・宇多天皇が愛猫として記録したことでも知られています。そのような背景からも黒色の猫の二モくんが選ばれたようですね。

当時の日本では、猫は貴族社会で重要な存在とされ、美しい毛並みや独特の性格から、高貴な存在として扱われていました。貴族たちは猫を愛玩動物として飼い、彼らの生活に欠かせない存在となっていました。

源氏物語に具体的な猫の登場はあまりないものの、平安時代の文学や史料には猫に関する逸話や詩が見られます。これらの作品や記録から、当時の猫は高貴で優雅な存在として描かれていたことがうかがえますね。

『光る君へ』のドラマでも、登場する「小麻呂」は、倫子(藤原道長の妻となる)の愛猫として登場し、その歴史的な背景に基づいてドラマにぴったりの存在となっています。倫子が小麻呂を可愛がっている姿に癒されますよね。今後も、「小麻呂」が登場するのが楽しみですね。

まとめ

『光る君へ』で倫子の愛猫として登場する「小麻呂」についてご紹介しました。年齢は9歳のオス猫です。種類は日本猫で、雑種となります。今後もたくさん「小麻呂」がでると嬉しいですね。

光る君へ[本/雑誌] 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド) / 大石静
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました