【不適切にもほどがある】ミュージカルシーンがあるのはなぜ?理由について調査!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

TBSの金曜22時から放送中のドラマ『不適切にもほどがある』は、宮藤官九郎さんが脚本で、阿部サダヲさんが主演の昭和と令和のタイムスリップコメディです。

このドラマの最大の特徴は、毎回終盤にミュージカルのシーンがあることです。

この記事では、なぜ、ドラマの中でミュージカルのシーンがあるのか?について理由について調査しました。そして、ドラマのミュージカルシーンもご紹介します。昭和時代にヒットした歌謡曲をアレンジしたような曲が懐かしい感じがします。

スポンサーリンク

第1話のミュージカルシーン

第1話では、突然ミュージカルシーンがあってビックリしましたね。

第2話ミュージカルシーン

第2話では、尾崎豊の「15の夜」をアレンジしているような曲でしたね。

第3話ミュージカルシーン

第3話では、山本耕史さんのミュージカルシーン、圧巻でしたね。

この曲はステキでした。

第4話ミュージカルシーン

こちらは、なんとなくシュガーの「ウェディングベル」のような曲でした。

created by Rinker
¥3,960 (2024/04/20 15:03:28時点 楽天市場調べ-詳細)

ミュージカルシーンがある理由は?

ドラマ『不適切にもほどがある』は、昭和時代を懐かしく思いながらも、令和時代に生きていく上で大切なことを教えてくれているようなドラマですね。とくにミュージカルシーンは惹きつけられてしまいます。このミュージカルシーンがある理由についてご紹介します。

  • 『不適切にもほどがある』のミュージカルシーンは、昭和と令和の価値観の差や言いにくい感情などを表現・強調する手段として活用されています。
    物語では、主人公の小川市郎が昭和の時代に許されていたことが、令和では非難される場面がしばしばあります。例えば、第3話では市郎が令和時代でセクハラ問題に巻き込まれますが、ミュージカルを通じて昭和の時代においてそれが一般的であったことが歌われます。歌やダンスが組み込まれることで雰囲気が柔らかくなり、メッセージがより強調されます。
  • 『不適切にもほどがある』のミュージカルシーンは、視聴者に新鮮な驚きや楽しさを提供する手段とも言えます。ミュージカルシーンは突如として始まり、予測不可能な展開があります。
    出演者やゲストは、ミュージカル俳優や歌唱力がある方が多く、歌やダンスのパフォーマンスもステキです。

SNSでも話題となり、面白いとの感想や歌唱力に対して絶賛されています。また、毎回異なるテーマやジャンルに挑戦し、飽きさせない工夫がされていますね。

ミュージカルシーンでは昭和の歌謡曲や演歌を取り入れ、レトロな雰囲気が漂ってますよね。

まとめ

ドラマ『不適切にもほどがある』のミュージカルのシーンには、様々な理由があるのではと考えられますね。

このドラマはミュージカルのシーンだけでなく、昭和と令和のギャップやコメディ要素が豊富に盛り込まれているので、今後どんな展開になるのかとても楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました