【さよならマエストロ】落語家は誰?柳亭小痴楽の年齢や出身校等をご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

TBSテレビで放送中の『さよならマエストロ』の第5話で、音楽から離れた響(芦田愛菜)が夢中になっている落語家がいます。その落語家として登場した柳亭小痴楽さん。

しかし、柳亭小痴楽という名前を聞いても、ピンと来ない方も多いのではないでしょうか?実は、彼は現実に存在する落語家で、若手の中でもトップクラスの人気を誇っています。この記事では、

  • 柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)さんの年齢
  • 柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)さんのプロフィール
  • 柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)さんの出身校
  • 柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)さんの経歴
  • 柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)の魅力

などをご紹介します。

\実際に落語を聞きたいですね/

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/22 06:53:50時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 西島秀俊がしていたピンクのエプロンについてはこちらから→リンク
  • アップルシュトゥルーデルについてはこちらから→リンク
  • チェロ奏者役の羽野蓮役の佐藤緋美についてはこちらから→リンク
  • 西島秀俊が買いに行った焼きたてパン屋さんについてはこちらから→リンク
  • コンサートをしたレストランについてはこちらから→リンク
  • 響が大ファンの落語家さんについてはこちらから→リンク
スポンサーリンク

柳亭小痴楽のプロフィールは?

『さよならマエストロ』の第5話で、響(芦田愛菜)が大ファンの落語家として登場した柳亭小痴楽さんのプロフィールや年齢についてご紹介します。

  • 名前:柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)
  • 本名:澤邊勇仁郎(さわべ ゆうじろう)
  • 生年月日:1988年12月13日(35歳※2024年2月現在)
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 身長:162㎝

柳亭小痴楽の出身校は?

『さよならマエストロ』の第5話で、響(芦田愛菜)が大ファンの落語家として登場した柳亭小痴楽さんの出身校についてご紹介します。

  • 小学校:渋谷区立猿楽小学校→私立明星学園小学校
  • 中学校:明星学園中学校卒業(偏差値:41~45)
  • 高校:明星学園高等学校中退(偏差値:59)

渋谷区立猿楽小学校

  • 住所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町12−35
  • TEL:03-3461-0033

出身が渋谷区で、小学校も、地元の小学校に通われていましたが、途中で私立明星学園小学校に転校されています。

私立明星学園小学校・中学校

  • 住所:〒181-0001 東京都三鷹市井の頭5丁目7−7
  • TEL:042-243-2197

私立明星学園高等学校

  • 住所:〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4丁目15−22
  • 042-248-6221

柳亭小痴楽の経歴は?

『さよならマエストロ』の第5話で、響(芦田愛菜)が大ファンの落語家として登場した柳亭小痴楽さんの経歴についてご紹介します。

柳亭小痴楽さんは、落語芸術協会所属の若手真打の落語家です。父親は五代目柳亭痴楽さんで、次男として生まれました。

16歳の時に高校を中退して落語家になるという決意をしましたが、入門した途端に父親が病気になりました。そのため、桂平治さん(現在は十一代目桂文治さん)に預けられて前座修行を始めました。桂ち太郎という名前で初高座を踏みましたが、寝坊癖が原因で破門されました。その後、父親の門下に移り、柳亭ち太郎と改名しました。

2009年に父親が亡くなり、柳亭楽輔さんの門下になりました。同時に二ツ目に昇進し、三代目柳亭小痴楽を襲名しました。2019年には単独で真打に昇進しました。現在は、落語界のホープとして活躍しています。

柳亭小痴楽さんの魅力は、何といってもその語り口です。とてもフレンドリーであたたかく、聞いている人を笑顔にさせます。古典落語を得意とし、父親の影響を受けたということもありますが、自分なりの解釈や工夫を加えています。また、現代の話題や流行にも敏感で、時にはパロディやネタを織り交ぜて楽しませます。その一方で、心霊スポット巡りが趣味という意外な一面も持っています。落語家としての真面目さと、やんちゃな江戸っ子気質とのギャップが魅力的です。

柳亭小痴楽さんは、神田伯山さんや桂宮治さんなどと一緒に、落語芸術協会の若手落語家・講談師によるユニット「成金」を結成しています。このユニットは、落語の新しい可能性を探るために、様々な企画やコラボレーションを行っています。柳亭小痴楽さんは、このユニットの中でも最も早く真打に昇進したメンバーです。その実力と人気は、落語界の将来を担う存在として期待されています。

created by Rinker
¥1,540 (2024/02/22 06:53:51時点 楽天市場調べ-詳細)
経歴
1988年 – 東京都渋谷区に生まれる。
学歴 – 渋谷区立猿楽小学校、私立明星学園小学校、明星学園中学校卒業、明星学園高校中退。
2005年 – 16歳で入門し、2代目桂平治(後の11代目桂文治)に前座修行に預けられ、桂ち太郎で初高座。
2008年 – 寝坊癖を理由に破門され、柳亭ち太郎と改名。
2009年 – 父の没後、3代目小痴楽を襲名し、柳亭楽輔門下に。
2011年 – 第22回北とぴあ若手落語家競演会奨励賞受賞。
2015年 – NHK新人落語大賞 決勝進出。
2017年 – NHK教育TV『落語ディーパー! 〜東出・一之輔の噺のはなし〜』に出演。
2018年 – 結婚。
2019年 – 落語芸術協会の真打昇進。
2021年 – 「前座応援会」を企画。

柳亭小痴楽の過去の出演作は?

『さよならマエストロ』の第5話で、響(芦田愛菜)が大ファンの落語家として登場した柳亭小痴楽さんの過去の出演作です。

ラジオやテレビ、映画にまで出演されているので、とても多才ですね。

メディア種別 プログラム名 放送局 放送期間
ラジオ SHIBA-HAMAラジオ 文化放送 2018年10月~2019年3月 木曜日担当
小痴楽のシブラジ NHKラジオ第一 2022年8月28日、11月3日
小痴楽の楽屋ぞめき NHKラジオ第一 2023年4月9日 –
テレビ 笑点 特大号 ※不定期出演
クローズアップ現代+ “平成落語ブーム”とかけて 若者と解く その心は!? NHK総合 2016年10月19日 スタジオゲスト
落語ディーパー! 〜東出・一之輔の噺のはなし〜 NHK教育 2017年7月31日-2020年3月16日 不定期
趣味どきっ!自分流に はじめよう! 日々、キモノ暮らし (7)「男の粋な着物」 NHKEテレ 2022年1月17日
よる8銀座シネマ BS松竹東急 2022年3月26日 -2023年4月2日 映画案内人
ウラ飯や! テレビ朝日 2022年4月9日
御法度落語 おなじはなし寄席! BS朝日 2022年6月5日 「桃太郎」
フリースタイルティーチャー season13 テレビ朝日 2022年
ワールドビジネスサテライト テレビ東京 2023年1月6日 スタジオゲスト
笑点 日本テレビ 2023年1月15日 日替わり枠
林家正蔵の演芸図鑑 NHK総合 2023年2月5日 「両泥」
ヴィランの言い分 NHKEテレ 2023年 クセ(2023年4月22日)、紫外線(2023年8月12日)
テレビドラマ BS新春時代劇「大岡越前スペシャル~初春に散る影法師~」 NHKBSプレミアム 2021年1月1日 与ノ介 役
三千円の使いかた 東海テレビ 2023年1月7日 – 2月25日 ナレーション
さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜 2024年1月14日 – 本人役
映画 『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』 松竹 2021年

柳亭小痴楽も魅力について

三代目柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)は、日本の伝統芸能である落語の分野で輝く存在として知られ、その独自の芸風や人柄で多くのファンを魅了しています。

彼の経歴は、家元の名跡を継承するとともに、独自の道を切り開くことに注力しています。小痴楽は若くして舞台に立ち、初めて聴衆の前で笑いと感動を届けることになりました。彼は師匠から受け継いだ伝統を大切にしながらも、その中に新しい風を取り入れ、現代の聴衆にも心地よく響くエンターテインメントを提供しています。

小痴楽の魅力の一つは、その語り口にあります。彼は「ですます調」を巧みに操り、親しみやすく、聴衆との距離感を縮めることに成功しています。そのため、小痴楽の話に耳を傾けると、まるで友達との軽快な会話に参加しているような感覚を味わえます。これは、伝統的な芸能である落語を身近で楽しむ機会を提供してくれます。

彼の話術はただ笑いを提供するだけでなく、深いメッセージや教訓を含んでいます。時に風刺を交えつつも、社会的な問題に対する彼なりの見解を聴衆に伝えることができるのが小痴楽の特徴です。そのため、彼の作品は単なる笑いの枠を超え、聴衆に思索させ、考えさせることがあります。

また、小痴楽は舞台においてだけでなく、メディアやイベントなど多岐にわたり活動しています。彼の柔軟で幅広い才能が、様々な場面で活躍の場を広げています。その姿勢は、古典芸能を新たな次元に引き上げ、新たなファン層にも開かれているこをあらわしていますね。

三代目柳亭小痴楽はその経歴や魅力を通じて、伝統と現代の融合を成し遂げ、落語の新たな可能性を切り拓いています。親しみやすく、深みのある芸風は、聴衆に心の琴線に触れ、笑いと感動を与え続けてくれますね。

まとめ

『さよならマエストロ』の第5話で、響(芦田愛菜)が大ファンの落語家として登場した柳亭小痴楽さんのプロフィールや年齢、過去の作品や出身校などをご紹介しました。

第5話では、響の笑顔が見れて、嬉しくなりましたね。

created by Rinker
¥1,430 (2024/02/22 13:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 西島秀俊がしていたピンクのエプロンについてはこちらから→リンク
  • アップルシュトゥルーデルについてはこちらから→リンク
  • チェロ奏者役の羽野蓮役の佐藤緋美についてはこちらから→リンク
  • 西島秀俊が買いに行った焼きたてパン屋さんについてはこちらから→リンク
  • コンサートをしたレストランについてはこちらから→リンク
  • 響が大ファンの落語家さんについてはこちらから→リンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました