【大谷翔平の妻】ルーから作るドライカレーって何?おススメレシピ等をご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

ドジャースの大谷翔平選手が、2024年2月に日本人女性との結婚を発表しましたが、お相手の顔や名前、職業などは一切公表していません。

しかし、大谷翔平選手の妻は、彼のために美味しい料理を作ってくれていることが公表されました。その中でも、大谷翔平選手が一番おしいと言っていたのが、ルーから作るドライカレーです。

ルーから作るドライカレーとは、一体どんな料理なのでしょうか?どうやって作るのでしょうか?この記事では、

  • 大谷翔平選手の妻が作ってくれたドライカレーのレシピやコツ
  • ドライカレーのおすすめの具材やトッピング

などを、詳しくご紹介します。

大谷翔平選手の妻が作って美味しかったドライカレーの魅力についてご紹介します。さっそく作ってみたいなと思う方、きっと続出ですね。

 

  • 大谷翔平の奥様の田中真美子さんについてはこちらから→リンク
  • 田中真美子さんの兄、田中真一さんについてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚発表が「今」の理由についてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚相手のお披露目についてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚相手の料理で好きなドライカレーについてはこちらから→リンク

\大谷翔平が好きなヨーグルトも食べてみたいですね/

スポンサーリンク

ルーから作るドライカレーとは?

大谷翔平選手の奥様が作ったルーから作るドライカレーについて、どのような料理なのかを紹介します。

ドライカレーは、水分が少なくてパラパラしたカレーの一種で、その起源はインドのキーマカレーにさかのぼります。

日本では、カレー粉を使ったピラフやトマト缶を使用したカレーもドライカレーと呼ばれています。

大谷翔平選手の奥様のルーから作るドライカレーの魅力や特徴についてご紹介します。

  1. 手軽に作れる: カレー粉を使用する場合は水やコンソメを加えて味を調整する必要がありますが、ルーを使うと野菜の水分だけで煮詰めるだけで良いため、手軽に作れます。ルーは細かく刻むと溶けやすくなり、辛口や甘口など様々な種類があるので、好みに合わせて選ぶことができます。
  2. 野菜のうまみが凝縮される: ルーから作るドライカレーは、水を加えずに野菜の水分だけで煮詰めるため、野菜の甘みや香りがカレーに溶け込みます。季節や好みに応じて様々な野菜をアレンジすることができ、その組み合わせにより異なる味や食感を楽しむことができます。
  3. アレンジが自由にできる: ルーから作る基本のドライカレーの後に、トマト缶やケチャップを加えて味を変えることができます。これにより、酸味や甘みが加わり、さらに美味しさが増します。スパイスを加えることで辛味や香りが強くなり、トッピングとして温泉卵や目玉焼きを加えることでコクや濃厚さが増します。

これらの特徴により、ルーから作るドライカレーは手軽に作れ、野菜のうまみが凝縮され、アレンジが自由にできる料理として楽しむことができます。普段のカレーとは異なる新鮮な味わいをぜひお楽しみください。

ルーから作るドライカレーのおススメレシピは?

ルーから作るドライカレーは、水分が少なくてパラパラしたカレーのことです。インドのキーマカレーが元になっていると言われています。日本では、カレー粉を使ったピラフや、トマト缶を使ったカレーなどもドライカレーと呼ばれています。ルーから作るドライカレーは、市販のカレールーを使って簡単に作ることができます。

ルーには、バランスよくスパイスが配合されているので、本格的な味が再現できます。また、ルーにはとろみがあるので、具材とよく絡みます。ルーから作るドライカレーのおススメのレシピには、以下のようなものがあります。

  • ひき肉と玉ねぎのシンプルドライカレー
  • 野菜たっぷりのカラフルドライカレー
  • チーズと卵のトロトロドライカレー
  • トマトとチキンのさっぱりドライカレー
  • ひよこ豆とほうれん草のヘルシードライカレー

それでは、それぞれのレシピの作り方やポイントをご紹介します。

\タサン志麻さんのドライカレーのレシピ、とても美味しそうですよね/

\これで美味しいドライカレーが作れますよ/

created by Rinker
¥1,397 (2024/04/20 16:59:29時点 楽天市場調べ-詳細)

ひき肉と玉ねぎのシンプルドライカレー

このレシピは、ひき肉と玉ねぎだけで作るシンプルなドライカレーです。ひき肉は、豚肉や牛肉、鶏肉などお好みで選べます。玉ねぎは、みじん切りにすると水分が出やすくなります。

ルーは、辛口や甘口など好みの辛さを選べます。水は入れずに、玉ねぎの水分だけで煮詰めます。水分をとばすコツは、弱火でかき混ぜながら炒めることです。出来上がりの目安は、ルーがほとんど見えなくなるくらいです。パラパラよりも、全体的にしっとりまとまる状態がベストです。

材料(2人分)

  • ごはん…2膳分
  • ひき肉…200g
  • 玉ねぎ…1個
  • カレールー…1/2箱
  • サラダ油…大さじ1

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにする。ルーは細かく刻む。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、ひき肉を入れて肉の色が変わるまで炒める。
3.玉ねぎを加えて玉ねぎがしんなりとするまで炒める。
4.ルーを加えて混ぜる。水は入れない。
5.弱火にして水気をとばしながら炒める。ルーがほとんど見えなくなるくらいまで炒める。
6.ごはんと5をお皿に盛り付けて完成です。

野菜たっぷりのカラフルドライカレー

このレシピは、野菜たっぷりのカラフルなドライカレーです。野菜は、玉ねぎやにんじんなどの定番のものに加えて、なすやピーマンなどの夏野菜や、かぼちゃやさつまいもなどの秋冬野菜など、季節に合わせてアレンジできます。野菜の種類や量を変えることで、色々な味や食感を楽しめます。ルーは、中辛や甘口など好みの辛さを選べます。水は入れずに、野菜の水分だけで煮詰めます。水分をとばすコツは、弱火でかき混ぜながら炒めることです。出来上がりの目安は、トマトから出た水分がほとんどなくなるくらいです。パラパラよりも、全体的にしっとりまとまる状態がベストです。

材料(4人分)

  • ごはん…4膳分
  • ひき肉…200g
  • 玉ねぎ…1個
  • にんじん…1/2本
  • トマト…1個
  • ピーマン…3個
  • カレールー…1/2箱
  • しょうゆ…大さじ1
  • サラダ油…大さじ1

作り方

1.玉ねぎ、にんじん、トマト、ピーマンはあらみじん切りにする。ルーは細かく刻む。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、ひき肉を入れて肉の色が変わるまで炒める。
3.玉ねぎ、にんじんを加えて玉ねぎがしんなりとするまで炒める。
4.トマト、ピーマンを加えてさらに炒める。
5.ルー、しょうゆを加えて混ぜる。水は入れない。
6.弱火にして水気をとばしながら炒める。トマトから出た水分がほとんどなくなるくらいまで炒める。
7.ごはんと6をお皿に盛り付けて完成です

チーズと卵のトロトロドライカレー

このレシピは、チーズと卵をトッピングしたトロトロのドライカレーです。チーズと卵は、カレーの辛味をマイルドにして、コクや濃厚さを加えます。チーズは、とろけるチーズや粉チーズなどお好みで選べます。卵は、温泉卵や目玉焼きなどお好みで選べます。ルーは、辛口や甘口など好みの辛さを選べます。水は入れずに、玉ねぎの水分だけで煮詰めます。水分をとばすコツは、弱火でかき混ぜながら炒めることです。出来上がりの目安は、ルーがほとんど見えなくなるくらいです。パラパラよりも、全体的にしっとりまとまる状態がベストです。

材料(2人分)

  • ごはん…2膳分
  • ひき肉…200g
  • 玉ねぎ…1個
  • カレールー…1/2箱
  • チーズ…適量
  • 卵…2個
  • サラダ油…大さじ1

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにする。ルーは細かく刻む。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱し、ひき肉を入れて肉の色が変わるまで炒める。
3.玉ねぎを加えて玉ねぎがしんなりとするまで炒める。
4.ルーを加えて混ぜる。水は入れない。
5.弱火にして水気をとばしながら炒める。ルーがほとんど見えなくなるくらいまで炒める。
6.ごはんと5をお皿に盛り付ける。
7.チーズをお好みの量かける。
8.卵を温泉卵や目玉焼きなどお好みで作り、チーズの上にのせる。
9.完成です。

まとめ

ドジャースの大谷翔平選手の奥様のお料理で、美味しいと思った「ルーから作るドライカレー」の特徴や、魅力、おススメのレシピについてご紹介しました。

簡単に作れて美味しいドライカレー。ぜひ自分でも作りたいですね。

  • 大谷翔平の奥様の田中真美子さんについてはこちらから→リンク
  • 田中真美子さんの兄、田中真一さんについてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚発表が「今」の理由についてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚相手のお披露目についてはこちらから→リンク
  • 大谷翔平の結婚相手の料理で好きなドライカレーについてはこちらから→リンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました