【千と千尋の神隠し】名前が千尋の意味は?漢字間違えについても考察!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

「千と千尋の神隠し」、観たことありますか?宮崎駿監督の代表作であり、日本アニメーション史上初のアカデミー賞を受賞した作品です。物語の主人公は荻野千尋という少女です。異世界に迷い込んだ彼女は湯婆婆に名前を奪われ、「千」と呼ばれるようになります。

ですが実際には、千尋の名前は本当に奪われたのでしょうか?実は彼女は湯婆婆との契約の際、自分の名前の漢字を間違って書いてしまったのです。この間違いが、千尋の運命を大きく変えたと言われています。なぜ彼女が自分の名前を誤ったのか、そして「千尋」という名前にはどんな意味が込められているのか、この記事でご紹介します。

「千と千尋の神隠し」における名前の重要性や、映画の深いメッセージを知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

created by Rinker
¥4,136 (2024/06/20 19:53:03時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

千尋の名前の意味は?

「千と千尋の神隠し」の主人公の千尋は、映画の中ではとても重要な名前ですよね。なぜ「千尋」と言う名前になったのかについて、考察しました。

「千尋」という言葉は、「千」と「尋」の2つの要素からなります。まず、「千」は「非常に」「すごく」といった意味を持つ数を表す言葉。そして、「尋」は通常は「尋ねる」を意味し、「長さ・深さ・高さ」を測る単位です。日本の伝統的な長さの単位でもあります。

この組み合わせで「千尋」はとても長い・深い・高いことを表します。たとえば、「千尋の谷」とは非常に深い谷を指します。

「尋」の語源は、右手(ヨ)、器(口)、左手(寸)、道具(エ)を表す漢字からなり、「単位」としての長さを示すことから「尋」と呼ばれていました。歴史的に深さや高さの意味も持つようになりました。

使い方を理解するために、「千尋の谷」や「千尋の山」のような風景を指す表現は一般的です。

よって、「千尋」という言葉は、非常に長い・深い・高いことを表すもので、「千尋の谷」や「千尋の山」のような風景を表現するのに使われます。

他にも、「千尋」の名前は「非常に深い海」を表します。「千と千尋の神隠し」は、海や川など、水にまつわるお話のため、水に縁があり、深い、長い、高いの意味のある「千尋」となったと考えられます。

名前を書き間違えた理由は?

千尋が、湯婆婆との契約の際、本名の「荻野千尋」と書くところを「荻」の漢字の「火」と書かなければいけないところを「犬」と書いてしまいました。なぜ、千尋は自分の名前の漢字を間違えたのでしょうか?理由について考察しました。

千尋が自分の名前の漢字を間違えた理由は、物語の中で直接的に説明されているわけではありません。ただ、物語の流れや彼女の状況を考えると、いくつかの考察がされています。

一つの考えとしては、千尋が異世界に来た当初は非常に困惑しており、混乱していたことが考えられます。湯婆婆との出会いは突然で、千尋は自身の状況を理解する暇もなく、名前を正確に記憶する余裕がなかったかもしれません。

また、湯婆婆が千尋に対してかなりのプレッシャーをかけてきたことも要因の一つと言えます。彼女は魔法を使い、千尋の名前を奪うなどの行動を取りました。このような状況下では、千尋が焦りや恐怖から正確に名前を記憶することが難しかった可能性も考えられます。

物語の要素として、この間違いが千尋の運命を大きく変える重要な要素として描かれています。そのため、千尋が名前を間違えた理由については、物語の中で詳細に明らかにされていませんが、想像するのも楽しいですね。

まとめ

千と千尋の神隠しの「千尋」の名前の意味と、漢字を間違えた理由について考察しました。何回観ても、新しい発見がありますよね。

created by Rinker
¥5,984 (2024/06/20 19:53:03時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました