紅白歌合戦出場の伊藤蘭はキャンディーズ!趣里は?出身校やプロフィール等もご紹介!

エンタメ
スポンサーリンク
本ページはプロモーションが含まれています

WOWOWオンデマンド※2023年11月17日に無料トライアルが終了となりますので、見たい方は急いでくださいね。

紅白歌合戦に出場する歌手の中に、伊藤蘭という名前を見つけて懐かしいと思った方は多いと思います。伊藤蘭さんといえば、1970年代に大人気だったアイドルグループ・キャンディーズのメンバーです。キャンディーズは、1978年に解散してからも、多くのファンに愛され続けていました。伊藤蘭さんは、キャンディーズ解散後も、歌手や女優として活躍しています。紅白歌合戦ソロでは初出場の伊藤蘭さんについて、キャンディーズとしての経歴や、趣里との共演などの話題、プロフィールや出身校などについて、詳しくご紹介していきます。

created by Rinker
¥10,715 (2024/05/20 05:23:47時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

伊藤蘭のプロフィール

伊藤蘭さんのプロフィールについてご紹介します。

  • 名前:伊藤蘭(いとう らん)
  • 生年月日:1955年1月13日(68歳※2023年11月現在)
  • 出身地:東京都武蔵野市
  • 血液型:O型
  • 配偶者:水谷豊(1989年~)
  • 子ども:趣里

伊藤蘭さんは、1973年に田中好子さん、藤村美樹さんとともにアイドルグループ・キャンディーズを結成し、歌手デビューしました。キャンディーズは、1978年に解散し、伊藤蘭さんも一時芸能界を引退しましたが、1980年に映画『ヒポクラテスたち』で女優として復帰しました。その後、多くの映画やドラマ、舞台に出演し、演技力や存在感を発揮してきました。代表作には、映画『少年H』、ドラマ『こころ』、『DOCTORS〜最強の名医〜』などがあります。夫は俳優の水谷豊さんで、娘は女優の趣里さんです。2023年には、41年ぶりに歌手として再デビューし、紅白歌合戦に初出場を果たしました。

✅2023年11月17日でwowwowの無料トライアルが終了となりますので、見たい方は急いでくださいね。

WOWOWオンデマンド

伊藤蘭の出身校

伊藤蘭さんの出身校です。名門、日芸に通われていましたが、中退されています。高校が日大二校のため推薦などで入学されたと思われます。

  • 出身小学校:武蔵野市立小野田小学校
  • 出身中学校:杉並区立荻窪中学校
  • 出身高校:日本大学第二高校
  • 出身大学:日本大学 芸術学部演劇学科(中退)

キャンディーズ時代の軌跡

伊藤蘭はキャンディーズの一員として、70年代に数々のヒット曲を生み出しました。その中での活動やメンバーとの絆について紹介します。

デビュー当時、キャンディーズのメンバーは3人とも東京音楽学院のスクールメイツ出身で、最終選抜で3人が選ばれました。ただし、当時のスクールメイツには太田裕美さんやザ・ヴィーナスのボーカルであったコニーさんも在籍していました。

1972年4月、NHKの新番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールとして、3人が一気に抜擢されました。番組プロデューサーからは、「食べてしまいたいほどかわいい女の子たち」という意味を込めて、「キャンディーズ」と名付けられました

当初はマスコットガール兼アシスタントとしての活動が主で、歌手デビューの予定はありませんでした。しかし、番組プロデューサーの松崎澄夫さんが彼女たちの才能に注目し、レコードデビューを決定しました。メンバーの愛称も親しみやすいカタカナ表記で「ラン」「スー」「ミキ」とされました

伊藤蘭さんはもちろん「ラン」ちゃんです。

1973年9月1日、「あなたに夢中」で歌手デビュー。当初はヒットに恵まれませんでしたが、マネージャーの諸岡義明さんが戦略を変え、ランちゃん(伊藤蘭)をセンターに据えた「年下の男の子」が大ヒットし、キャンディーズは人気歌手グループとして頂点に立ちました。

1977年夏、人気絶頂時に突如解散を発表。解散コンサートでは感動の別れを告げ、最後のシングル「微笑がえし」でオリコン1位を獲得しました。解散後、メンバーはそれぞれ異なる道を歩みました。ランは女優として、スーは女優・歌手として、ミキはソロ歌手としてそれぞれ成功を収めました。

出来事
1972年(昭和47年)4月 NHK『歌謡グランドショー』のマスコットガール兼アシスタントとして「キャンディーズ」誕生。
1972年12月31日 『第23回NHK紅白歌合戦』に出演。
1973年(昭和48年)4月7日 TBS『8時だョ!全員集合』のアシスタントとしてレギュラー出演。
1973年9月1日 「あなたに夢中」でレコードデビュー。
1974年3月 広島ナタリーでCM初出演。
1974年3月17日 代々木・山野ホールで初コンサート(800人)。
1975年2月21日 シングル「年下の男の子」リリース・オリコン9位。
1975年10月19日 『キャンディーズ10000人カーニバル』開催(蔵前国技館 / 8600人)。
1975年12月31日 第26回NHK紅白歌合戦初出場。
1976年3月1日 シングル「春一番」リリース・オリコン3位。
1976年10月11日 『キャンディーズ10000人カーニバル Vol.2』開催(蔵前国技館 / 13500人)。
1976年12月31日 「春一番」で『第27回NHK紅白歌合戦』出場(通算2回目)。
1977年7月17日 日比谷野外音楽堂でコンサート中、突然の解散宣言。
1977年11月26日 NHK『男たちの旅路 第3部 墓場の島』で歌手役でゲスト出演。
1977年12月5日 シングル「わな」リリース・メインボーカル・センター位置はミキが担当。
1977年12月31日 「やさしい悪魔」で『第28回NHK紅白歌合戦』に出場(通算3回目、最後の紅白出演)。
1978年2月25日 シングル「微笑がえし」リリース・初のオリコン1位を達成。
1978年4月4日 『ファイナルカーニバル』(後楽園球場 / 55000人)をもって解散。
2008年4月4日 後楽園球場跡地にて『全国キャンディーズ連盟2008大同窓会』開催。
2008年9月3日 20枚組ボックスアルバム『キャンディーズ・タイムカプセル』リリース。
2011年4月21日 田中好子が乳癌により死去。
2015年11月4日 伝説的コンサート『ファイナルカーニバル』をほぼ完全収録した「キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM」がリリース。
2016年3月18日 「キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM」のDVDが発売。
2018年4月4日 解散40周年を記念して、ファン主催による「キャンディーズ・フォーエバー 〜伝説から40年〜 ファン・全員集合!」が旧後楽園球場にほど近い水道橋WORDSにて開催。

紅白歌合戦でのパフォーマンス予告

初めての紅白歌合戦での伊藤蘭が何を歌うのか、パフォーマンスがどのようなものになるのか、分かり次第追記します。

趣里との特別な共演

伊藤蘭と趣里の共演に注目が集まっています。二人がどのようなスペシャルなステージを披露するのか、気になりますね。分かり次第追記します。

まとめ

紅白歌合戦に初出場する伊藤蘭さんについて、プロフィールやキャンディーズとしての経歴やについて詳しくご紹介しました。伊藤蘭さんは、1970年代に大人気だったアイドルグループ・キャンディーズのメンバーで、キャンディーズ解散後も、歌手や女優として活躍しています。夫は俳優の水谷豊さんで、娘は女優の趣里さんです。2023年には、41年ぶりに歌手として再デビューし、紅白歌合戦に初出場します。伊藤蘭さんのご長女の女優の趣里さんとの共演などどんなステージになるか楽しみですね。

created by Rinker
¥3,408 (2024/05/20 05:23:47時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
管理人をフォローする
アラフィフママの日々の暮らし
タイトルとURLをコピーしました